車好きのブログ「とある男の日記」

就職・転職に失敗してしまう人の特徴

2019年01月05日 11時26分

就職に失敗してしまう人の特徴について話ししたいと思います。

なぜ転職するんだっていうのがあると思うんですけども、一番は仕事が楽しくないんだってところは多分大学卒業したいんですか 仕事に興味がないとかそういったですね満たされない部分で考えてそういったことがあるのかって言うという聞くんですよ なぜ興味のない仕事に就いたんですか?

って聞くと返ってくるのが就職活動考えずに行ってました。 早く「就職活動の内定が一番先に出たところに決めました」というのが多いです。

ですので、これから就職活動する人は一番最初に内定出たからもういいやとかその仕事その会社について興味はないんだけれども、とりあえずな就職活動早く終わらせたいか、とか有名企業だからいいかな、とか。 とりあえずいっていうふうに考えてしまうと就職活動って大学卒業後いいかな?とか思ってたからとりあえず入っていう風に考えてるんですね。

そういう考えの人はハタラクティブなどの転職エージェントを使った方が良いです。
どうしてかと言うと、その転職就職の方向性を修正してくれるからです。

転職のプロアドバイザーがあなたが間違えた方向にいくときにその方向をちゃんと正しい方向に曲げ直してくれるということですね。

ただ、合う合わないもありますのでハタラクティブの評判をまず確認するのが良いかもしれません。
ハタラクティブの評判を悪評含めて暴露


就職活動を終えてしまうと大学卒業後もやっぱりちょっと違ったかなっていう風に思っている人が多いということは、念頭において下さい。 就職後1年以内で辞めてしまった場合転職活動本当にそんなに選べなくなります。


新卒で入った会社よりも多分条件とかは悪くなると思いますから、いろんな意味で条件ってのは必ず少しでも良いところに入るようにしましょう。