車好きのブログ「とある男の日記」

ビジネスモデルが面白い企業

2017年04月24日 18時25分

どうも向井です。
最近仕事柄、ビジネスモデルにどんなものがあるのかというのを調べていました。

ちょっとビジネスモデルが面白い企業を見つけました。

その面白い企業っていうのが、ラクスルさんです。


ラクスルのなにが面白いかというと、既存の印刷業界のビジネスモデルをぶっ壊しているところです。


普通印刷業界のビジネスモデルっていうと、
コストを下げてそれなりの品質のものを安く印刷する会社。
高品質なものをそれなりの価格で印刷する会社に分かれています。
そのどちらも、自社で独自に工場などを持って印刷をしているのが普通です。


でも、ラクスルは自社工場を持っていません。
んじゃどうやって印刷するかというと、
全国の印刷工場で使われていない印刷機を使っていない時だけ使えるようなネットワークを構築し、
その時々で柔軟な印刷をできるようにしているのです。
自社工場を持っていない大手印刷会社はラクスルくらいではないでしょうか。

品質はというと、ラクスルの評判サイトの通りそんなに悪くはありません。


また、さらにラクスルは付加価値もつけています。
印刷をした後にのポスティングや新聞折込までやってくれるのです。

時間が勝負のビジネスではすごくありがたいサービスですよね。

このビジネスモデルは、創業者が考えたらしいのですが、
もうすでに出来上がってる印刷業界で新しいモデルを考えて戦っているというのは
本当にすごいですね。


どんな業界にも参入チャンスがあるということを実践した例といえるのではないでしょうか。

向井のプロフィール